育児ブログ~娘はたぶん、魔法をつかう

パパ育児日記。お父さん(パパ)の気持ちを大いに語るブログ

白くてお椀にのってるじゃん

パン屋さん餃子がある、と妻が急に言いだしたのです。

最初、なんのことかわかりせんでした。

 

パン屋さんで作ってる餃子

話を聞いてみると、パン屋さんで、生餃子を作って売っているというのです。

 

「ふーん」と私。

「へっ!気にならないの?」と妻。

「何が?」

「何がって、パン屋さんの餃子だよ、それに餃子好きじゃん」

「うーん、そういうのはあまり」

「嘘でしょ!」

 

どうやら、妻はパン好きなので、そこのパン屋さんに行ってみたい様子。

 

私が餃子好きなので、それをダシにして連れて行ってもらおう、と考えたよう。

お店の場所が遠いので(車で1時間半くらい)、私に運転手をさせたいのだろう。

 

その程度で、妻の日々のストレス発散にでもなるのならと了承し、

妻と娘を連れて、そのパン屋さんに行くことになったのであります。

 

車で行ってみました 

車中で、その餃子の事を妻に聞いてみる。

 

「有名なの?」と私。

「たぶんね、かなり」と妻。

「かなり?」

「大きい水餃子らしいよ」

「え?」

 

私は餃子といえば、<焼き餃子>と思っていたので、その事を言うと。

これだから日本人はなあ、と勝ち誇ったように笑っていた。

(妻、日本人です)

 

しかし、内心、たまには水餃子もいいか、とも思っていたのであります。

 

お店に到着

1時間ちょっとで、お店につきました。 

 お店の入口付近になりやら貼られている。

f:id:yoshinari888:20181127224914j:plain

テレビ放映の告知でした。私達が行ったのはその前日。

 

f:id:yoshinari888:20181127224926j:plain

店内のパン達の様子。

 

f:id:yoshinari888:20181128215114j:plain

(娘、真顔)

 

店員さん、娘を見て

「可愛いね!」と言ってくださいました。

 

「8カ月目なんです」と妻。

「あら、髪の毛少し茶色ね、リンゴ擦ってたべさせなさい」と店員さん。

「へえ!」と妻。

 

娘の事で話しかけてくれると嬉しいようで、妻はご機嫌になりました。

ありがとうございました。

 

f:id:yoshinari888:20181128225400j:plain

餃子の作り方のレクチャーを妻が受けているところ。受けているのは妻だが、実際は私が作るのです。そのことを言えないでいる。

 

f:id:yoshinari888:20181127224940j:plain

「今餃子できたばかりだよ、ついてるね!」と店員さんが持ってきてくれました。

餃子、パンの生地でつくられているようです。

 

これは結構楽しみだな、と思いました。

 

家に帰って、作ってみました

お店でのレクチャーもありましたし、作り方の用紙ももらいました。

こちら。

f:id:yoshinari888:20181128213832j:plain

では、さっそく作ってみます。

 

f:id:yoshinari888:20181127224953j:plain

たしかに、パンにみえなくもない。

 

f:id:yoshinari888:20181127225007j:plain

大きめの鍋にバランス良く入れました。

 

f:id:yoshinari888:20181127225012j:plain

茹でていると、輪が崩れだし…

 

f:id:yoshinari888:20181127225017j:plain

形も少し崩れだし…

 

f:id:yoshinari888:20181127225024j:plain

ニ対ニ対ニの、バランス配置!

 

f:id:yoshinari888:20181127225035j:plain

15分。茹で上がるときには、皆なかよくバランス整う!

 

f:id:yoshinari888:20181127225046j:plain

 出来上がり単体はこちら。

 

f:id:yoshinari888:20181127225052j:plain

味がついてるから、そのまま食べておいしいよ、と店員さんが言っていたので、お椀にのせました。

 

食べてみます。その前に… 

さっそく、食べてみようとしたそのとき。

この餃子を見て、妻がひとこと。

 

「なんかこういう妖怪いなかったっけ」と言った。

 

私は絶句。

 

自分はすでにパンを食べて、満たされているからって、旦那が食べようとしているその直前にそういうこと言う?

ふつう、言わないよね。

 

気を取り直して食べよう…

再度、気を取り直して食べようとするのだが、

妻のその疑問が私の頭で反芻してしまった。

 

(こんな妖怪? 言われてみればたしかにいたような、あ、白くて…あ、あれか! もしかして、こなきじじい? こなきじじいの後頭部こんなんじゃなかったっけ)

 

「こなきじじい?」と私は逆に妻に質問していた。

「は? なにが?」と妻。

「この餃子」と私。

「違うよ、お椀みたいのに乗ってる目だけのやつ」

「え、まさか、目玉のおやじ?」と私。

「そう!その人!」と妻。

 

まさか!という驚きと、妖怪にぜんぜん似てなくて良かった、という安堵の気持ち。そう、その人!って。

 

「ぜんぜん似てないじゃん」と私。

白くてお椀にのってるじゃん」と妻。

 

そ、それって、似てるというのか…。

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

 

食べてみると…

 

これがおいしい!

味はついているが、あっさりめ。

 

良かった♪ 良かった♪