娘はたぶん、魔法をつかう

パパ育児日記。お父さん(パパ)の気持ちを大いに語るブログ

皮膚というやつは、弱くもあり、強くもある

考えてみると皮膚というやつは、弱くもあり、強くもある。

 

しっとりするし、粉もふく。

撫でられると癒され、叩けばぺちと鳴る。

 

なんとも不思議なやつだ。

 

私の友人で年に2回、手の平の皮膚が荒れまくるのがいて、

見せてもらったことがあるが、とても形容しがたい。

 

友人は、

「汚く見えて、コンビニでお釣りをもらうときに手をだすのが嫌だ」と言っていた。

 

はたまた、女性の肌は実にいいものである。

女性の肌、と聞くだけで、触りたい、と世のお父さんは常々思っている。

そういった意味でのお父さんの反射神経は今もまだ健在である。 

 

赤ちゃんの肌はというと、

うちの娘は生まれてからずっと肌が荒れていた。

皮が少しむけたような、粉をふいているような感じだった。

 

 

f:id:yoshinari888:20180907224344j:plain

<生後1カ月の頃:見ずらいですが粉をふいたようになっていた>

 

 

 

それを見て、妻が「なにか塗ったほうがよさそう」と言う。

妻は妊娠前までアトピーだったのでそう思ったのだろう。

 

けれども、私はなにかを塗ることに反対して、

妻には我慢してもらい、娘には何もしなかった。

 

すると、生後3か月経ったころから肌が見違えるように変わり、

妻の話では、会う人会う人に「肌が綺麗だね」と娘が褒められるようになったという。

 

f:id:yoshinari888:20180907224356j:plain

<生後6か月目(現在)> 

 

ママたちで集まった際には「肌とてもきれいだけど何かしてるのか」と問われるとのことだ。

 

その時の妻のセリフは

「何もしてないんだよね、旦那が何もするなって言うから」である。

 

だが、私は娘の肌を観察しまっくているので、荒れていることを知っている。

というのも、同じ個所が荒れ続けているのではなく、部分的に荒れるのだ。

ただ、治りが早い。

だいたい1日で綺麗になっている。

 

荒れない事ではなく、荒れてもすぐに元に戻る力。

 

それを見て、

 

<回復力がある事を若い>というのだな。

 

と、自分の下半身を見ながら、世のお父さんは感心したのだった。

 

 

 

f:id:yoshinari888:20180907222517j:plain