娘はたぶん、魔法をつかう

パパ育児日記。お父さん(パパ)の気持ちを大いに語るブログ

ハイハイレースを見学する

人生最初の勝負は、ハイハイレースだと言われている。

 

ハイハイレースとは、ショッピングモールや、イベント会場などで

開催されることが多く、月齢同じくらいの赤ちゃん達がハイハイをし、

誰が速いかを競いあうレースである。

 

出場するのは、だいたい8カ月~1歳くらいまでの赤ちゃん達で、

ハイハイできる時期のみに限られているので(立ち上がると失格になってしまうので)

或る意味、貴重なレースだと言える。

 

出場希望の場合、事前予約が必要な場合があるらしいのだけれども、

赤ちゃん本人は誰も出場を希望していないのが特徴である。

 

数ある競技や大会がある中、レースに出る張本人が

誰一人としてまったくもって出場を希望せず、

さらには出場したとしても、本人は「?」というような表情をしている。

 

出場者張本人がレースをいっさい理解していないのに、

競い合うところにハイハイレースの醍醐味がある。

 

 

そんなハイハイレースというものを知るにあたって、

私の娘はまだ<ずりばい期>であるが、どうしても見たくなってしまった。

ハイハイレースは親のエゴなのでは、と思う気持ちもあり確かめたかったのかもしれない。

 

 

レースを行っているところを調べてみるとー私は千葉県在住なので―

成田ゆめ牧場(千葉県)というところでやっているという。

 

まだ残暑厳しい中、妻と娘を連れだした。

 

妻はハイハイレースには興味がなく、

「私はソフトクリームを絶対に食べる」を連発していた。

ダメだとひとことも言っていないのに、合計20回以上言っていた。

 

(牧場内で写真をとったりしたので、それは後日に更新するとして)

 

ハイハイレース会場に行ってみる。

 

f:id:yoshinari888:20180910000255j:plain

 

事前予約されていた親子さんが、ぞくぞくと会場に集まっていて

今回は80名の赤ちゃんの参加とのアナウンスがあった。

結構多く集まるんだなと思った。

 

時間になり、ルール説明、

立ち上がったりしたら失格などのアナウンスがあった。

 

レースの開始時間になり、ひとりひとり名前が呼ばれたが

聞き取りづらいほどオーディエンスが多く、室内は熱気に満ちていた。

 

スタート地点、1列に赤ちゃんアスリートが並んだ。

 

ややあって、スタートの合図!

 

さぁ、誰がハイハイ速いかな、

やっぱり男の子か、

 

となったのだけれども、赤ちゃん誰一人として動かない。

 

5秒経つ。誰も動かない。

10秒経つ。誰も動かない。

 

しかし場内は盛り上がるのである。

 

私は、なぜかこの動かない赤ちゃん達にかけよって抱きしめたい衝動にかられた。

これがレースでなかったら、その場で動かない赤ちゃんを見ても同じようには感じないのではないか。

 

親達を見てみると、赤ちゃんをどうにかゴールさせようとして、

おもちゃや、ジェスチャー、呼びかけなどで一生懸命になり、汗をかいている。

 

と、ひとりの赤ちゃんが猛然とハイハイし出した。

会場から声があがる。

私は、すごい、と小さく叫んだ。

ハイハイをする赤ちゃんがこんなにも愛しいなんて。

妻は、超可愛い超可愛い、を連発していた。

 

そのとき、ハイハイしていた赤ちゃんが止まり、

クルっとゴールに背を向け、なんと逆走ハイハイしだしたのだった。

そして、スタート地点にまで戻ってしまった。

会場はまた盛り上がった。

さらに熱気がすごい。

ありえない!と私は思った。

まさか、スタートに戻るなんて!

スタート地点に戻ってしまったのに、盛り上がるこの気持ちは一体なんなんだろう。

 

 

私は周りを見た。

見ている人皆、目を輝かせ、笑顔だった。

 

もしかすると、周りの人も同じ気持ちなのかも知れない、と思った。

 

 

 

 

f:id:yoshinari888:20180910001750j:plain