娘はたぶん、魔法をつかう

パパ育児日記。お父さん(パパ)の気持ちを大いに語るブログ

同じ屁なのに何故こうも違うのか

赤ちゃんがすることの中で、特に可愛い事のひとつに、屁がある。

 

寝返りをうちながら、ぷぅ、としたり

天井を真剣に見つめながら、ぷぷ、と

自由きままに放屁している。

 

お食事中の方がいると申し訳ないのですが、匂いにおいても、さまざまであって、

これ赤ちゃんのおならですか?というような、かなりクサイ時もある。

それでも、妻は「クサー♪」と言いながら笑って喜んでいる。

 

かたや、私が屁をしようものなら「やめて」と言われ、キツイ目で睨まれるのである。2回連続でしようものなら無言で部屋を出ていかれる。

そして当分帰ってこない。

 

 

f:id:yoshinari888:20180907212507j:plain

 

 

同じ屁なのに何故こうも違うのか。 

 

違いたらしめているものはなにか。

ガス量ですか、それともこだまでしょうか。

いいえ、誰でも。

 

 

いつから私のオナラは睨まれるようになったのか。

 

そう、世のお父さんは総じて思っている。