育児ブログ~娘はたぶん、魔法をつかう

パパ育児日記。お父さん(パパ)の気持ちを大いに語るブログ

「どういう人に育って欲しい、とかはあるのかい?」

今年、私たち夫婦は子をさずかりました。

2500グラムに羽の重さをのせたような体重の、小さな女の子でした。

(現在生後9カ月目です)

 

名前は生まれる前から、候補を3つくらいあげて準備しておりました。

しかし産後、顔を見て候補でない名にしました。

 

どういう人に育ってほしい?

生まれて1か月間は、妻は里帰りをしていました。

この1か月間の出来事で、今でも思い出す事があります。

 

もちろん、娘の成長や、妻の身体の事は心配だったし憶えています。

はじめての笑顔や、妻の足のむくみ!(笑)

そういった事も思い出します。もちろんです。

 

しかし、事あるごとに私が思い出してしまうものがありました。

それは勤めている会社内での出来事です。

 

社長が私に、なにげなく発した言葉がありました。

 

「どういう人に育って欲しい、とかはあるのかい?」

というものでした。

 

「そうですね、自然の多いところで育ててみたいです」と私は答えました。

すると、社長は

「いや、そうじゃなくて、どういう人に育って欲しい?」

 

私はその質問に答えられませんでした。

 

答えが出た、と思っても、問いがまだ起こる。

そして、この、

「どういう人に育って欲しい?」

という問いが、事あるごとに私の脳裏をよぎるのでありました。

それは、街で見かける他の赤ちゃんを見たときだったり。

Eテレを見ているときだったり。

本を読んでいるときだったり。

妻と話しているときだったり。

独りのときだったりしました。

 

そのたびに、何かしらの答えが、出るのです。

優しい子とか、愛嬌のある子とか。

出た、と思うとちょっとスッキリした気持ちになりました。

 

しかし、また時間が経つと、あの問いを思い出すのです。

「どういう人に育って欲しい?」

 

答えが出た、と思っても、問いがまだ起こる。

 

これを繰り返しているうちに、答えはまだ出ていないんだ、とわかりました。

 

そんな問い自体、考えなくてもいいと思った時期もありました。

 

運のいい子

しかし、つい先日。

風呂でシャワーを浴びているときに出たのです。

 

<運のいい子>

 

とても軽妙なひらめきのようなものだけど、私はこれだと直感しました。

 

今までは頭を使って、こういう子に育ってほしい。

世間体を考えて、こういう子に育ってくれたら。

自分の過去をふりかって、こういう子になってほしい。

と考えていたように思えたのです。

 

それが今回は娘の事を想うとしっくりくるのです。

 

「イイんじゃん」 

風呂を出て、妻にこの事を話してみました。

きっと、「ハ?なにそれ」というだろう。

 

そう思っていたら、

 

「イイんじゃん」と妻。

「だ、だろ?」と、私は少し驚きながら言いました。

「でもさ」と妻。

「でも?」

「あなたが先に運を良くしないとダメじゃん、親として」

「親として運を良くする?」

「子どもは親の背中見て育つんだから」

「それって、俺の運が良くないとでも?」

「良くないじゃん」と妻。

「どこが?」

「人生全般」

 

こうして、

私の人生方針と、

我が子の育児方針が、

同じものとなったのでありました。

 

今回わかった事

■問いを持ち続けると、そのうち答えが出る。

■妻は、私の人生全般の運が悪い、と思っている。