育児ブログ~娘はたぶん、魔法をつかう

パパ育児日記。お父さん(パパ)の気持ちを大いに語るブログ

喃語ってナニ語?

f:id:yoshinari888:20181202000252j:image

喃語(なんご)っていうのがあるんですね。

赤ちゃんが発する、まだ言葉になってない言葉、みたいなものだというのですね。

 

例えば、ンマアンマア、とか、マンママンマ、とかバァバアとか。こういうのを喃語というらしい。

 

うちの娘は、私が知るかぎりですが、喃語を発しているのを聞いたことがないのです。(0歳8ヶ月)

聞いたことあるのは、悲鳴に似た声と、ウー、アー、だけなんです。

 

ものの本を読んでみると、4ヶ月くらいから喃語を話します、とかなんとか。

 

それで、少し心配になって、

妻に「日中に喃語発してる?」と聞いたら、「気にしてないけど、少し言ってると思う」というのです。

 

悲鳴のような声はよくあげているが、それは喃語じゃない。

あー、だけとか。ウー、だけとかも喃語とは呼ばないというんですね。

 

そこで妻が日中、少し気にして聞いておき、私に報告するということになりました。

 

やや日が経ち、私が帰宅後、妻に、

 

「あれから喃語の方はどう?」と聞いてみた。

 

「3回くらいかな、ブワッっとかブバーブバーっとか言ってたよ」

「良かった」

 

しかし、良かったとは言ったものの、それがどんな感じで言っているのかはわからないでおりました。

 

休みの日になり、私は自分のこの耳で聞きたいと、娘にべったりでした。

娘の些細な発声をも逃さないようにと。

 

娘はいつも通りテレビを見たり、おもちゃで遊んでおります。

たまに、悲鳴に似た甲高い声を出すが、午前中、喃語は出なかった。

 

午後、家事をやっていた妻が居間に現れて、娘を抱っこしました。

 

その時です。

 

娘が口を動かしながら、ブバァ、と言ったではありませんか。

 

続けて、「ブバァ、ブベラ、バァ」と。

 

私は、驚きました。

 

今、目の前で娘が喃語を。

それも途中、あの北斗の拳で出てくる名セリフ「ブベラ」が混じっている。

 

発声の難しい破裂音。

唇に、口内から空気を当てて震わせ発する、ブ、べ、ラ。

 

これは喃語の中でも言うなれば、北斗の拳ではなく、北斗の喃だ。

 

私は、妻に抱っこされている娘を指差し「お前はもう、言っている」と喜んでいた。

 

「すごい喜んでるね」と妻。

「ブベラって言ってたから」と私。

「は?ぶべら?」

「そう、ブベラ」

「ぶべら?」

 

(妻、まさかブベラを知らない?)

 

ブベラについて説明しますと、

北斗の拳という漫画の中で、パンチをくらった敵が痛くて「ブベラ!」とか「ひでぶ」とか言うのです。

 

でも、そんなこと知らなくてもいい、と思いました。

それよりも。

それよりも娘が、初めて「ブベラ」と言ったのであります。

ウーとか、アーではない。

嬉しい!

 

娘から発された喃語、今日私はちゃんと聞いたのでした。

 

 

「ブベラ」と

君が言ったから、

12月1日は「ブベラ記念日」。