娘はたぶん、魔法をつかう

パパ育児日記。お父さん(パパ)の気持ちを大いに語るブログ

お義父さんは一部参加の【お礼参り in 香取神宮】

昨日はお礼参りに行ってきました。

 

無事に娘が生まれた事を遅ればせながら、香取神宮(千葉県)に感謝・報告しに行きました。

 

 

この香取神宮は、

千葉県にある神社で、一の宮です。

(一の宮とは、その地域の中で社格として高い神社の事)

 

前回、この香取神宮きたのは、妊娠後、

妻のツワリがおさまり、

体調が良くなってきた頃でした。

 

そのとき、安産を祈っていただいた。

 

今回は、そのお礼参りです。

 

以前に「娘が1歳になるまでにパパがしたい10の事+1」という中のひとつ、

「5、お礼参りに行く(香取神宮)」というものです。

 

このお礼参り会に集まったのは、

<私、妻、娘、義父、義母、私の母>の計6人です。

このうち、義父は「めんどくさいからいかねぇ」という理由で、

駐車場で待機となりました(笑)

(ちなみに私はそんな義父が大好きです)

 

 

f:id:yoshinari888:20181008220802j:plain

香取神宮・鳥居前にて

 

 

 

f:id:yoshinari888:20181008221112j:plain

参道にて、妻と娘

 

社殿に到着したのがAM10時30分過ぎ。

受付にて申込をし、やや待つと、拝殿に案内されます。

 

拝殿にて、神職の方が祝詞(のりと)をあげてくださいました。

 

香取神宮はとても立派な神社です。

造りも色も重厚感のありとてもかっこいい。

(私は神社が好きで、雰囲気とか建物とか観察してしまう)

 

祝詞をとなえてくださっている時は、皆頭をさげます。

我々の後方で、お賽銭の音、2拍手の音がする。

2拍手の音って私は好きだな。

そう思っていると、娘がかしわ手音に反応するので

いきなり変な声出さないだろうか、

ぎゃん泣きしないだろうか、と心配だった。

 

祝詞が終わった。

どうにか娘はおとなしくできた。

 

ほっとして、頭をあげると、大きな鏡が目に入る。

神社のご神体を鏡としているところは多い。

 

神社ではお賽銭をして手を合わせますが、

拝殿の奥に<ご神体として鏡>が置かれています。

(お寺では大仏さんとか観音さんとかです)

 

我々は神社では<鏡>に手を合わせている。

<なぜ、神様ではなく鏡なのか?>

それを、こう聞いた事がある。

 

 

真ん中の「が」を抜くと「かみ(神)」になる。

 

 

つまり「が(我)」を抜いて手を合わせると

そこに映っている人が「かみ(神)」。

 

「我」を抜くと「自分が神」という。

 

娘が生まれた事によって、

私の<我>は少しは減っただろうか。

 

そんな事を思った。

 

 

f:id:yoshinari888:20181008220851j:plain

お参り後、社殿前にて

 

 

帰り、参道にて昼食をとった。

駐車場で待機していた義父、ここで合流。

「おいしいもの食べようと思って今日来た」と笑顔で言う。

 

義父が、この日一番<我>を持っているように思えた(笑)

(ちなみに私は義父が本当に大好きだ)