育児ブログ~娘はたぶん、魔法をつかう

パパ育児日記。お父さん(パパ)の気持ちを大いに語るブログ

みんなと一緒に食べてるからだと思う

昨日、親戚の集まりがあった。

その中で久しぶりに弟夫婦と会った。

弟は私より七つ年下。子供はおりません。

 

久しぶりにあった会った弟は、髪の毛を長く伸ばしており、ポニーテールのように結んでいた。

 

「そのロン毛なに?」と私。

「伸ばしてる」と弟。

「なんの為に」

「寄付する為」

 

話を聞いてみると、その髪の毛でウイッグをつくるらしい。病気やケガなどで髪に問題を抱える子に贈られるとの事。

そのような取り組みがあるんですね。

はじめて知りました。

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

 

親戚一同で集まっての食事。

うちの娘は<離乳食+ミルク>。

 

娘を赤ちゃん用の椅子に座らせて、妻が離乳食を食べさせていた。

 

「今日はよく食べる」と妻。

「どうして」と私。

「みんなと一緒に食べてるからだと思う」

「そうなんだ」

「家でも3人で一緒に食べるときはちゃんと最後まで食べてるんだよ」

 

妻の話によると、ひとりで食べさせるときは、娘は嫌がったり、途中で泣き出すことが多いらしい。

でも、家族(私、妻、娘)で食べる時には、離乳食をちゃんと食べるという。

 

ふと、自分の昔を思い出していた。

私は、家族みんなでご飯を食べることは少なかったかもしれない。

子どものころから両親が仲良くなかったし、学生の頃に両親は離婚をして、私は母と弟と暮らしたが、母は夜勤で働いていたから、ご飯を一緒に食べる機会は限られていた。

 

だからなのか、私は<家族で一緒に食事をしない>ことにはかなり慣れている。

 

今も、休みの日に、私だけ昼食を抜いたり、中途半端な時間に一人で勝手に食べたりしていた。

 

今、横に座って離乳食を食べている娘。

妻の、「みんなと一緒に食べているから」というのは、本当なのかも知れなかった。

 

娘は、少し身体をグラつかせながらも、一生懸命に、でもどこか楽しそうに離乳食を食べていた。

 

みんなで一緒に食事することの大切さは、こんな小さな子にもあらわれるものなんだなと知った。

 

 娘の横ふたつ隣の席には、いとこの息子ちゃん(1歳5か月)が座っていた。

見てみると、自分の手でスプーンを持って、食べていた。

鼻水を垂らしながら一生懸命食べていた。

 

 そんな子どもたちを見ながら、あたりまえのことだけど、これからは、できるだけ家族で一緒にご飯を食べよう思った。 

 

 

P.S. 

家に帰ってきて、妻が私に言った。

「これ、食べないでね」

 

手には、お土産でいただいた、白い恋人。

 妻は一人でたべるつもりだ。

 

娘よ、娘。

どうか、そーゆーとこ、似ないで。