娘はたぶん、魔法をつかう

パパ育児日記。お父さん(パパ)の気持ちを大いに語るブログ

妻が大切に飲んでる、よくわっかんない茶を、妻と娘が実家に帰ってるすきに飲む

今日は妻が娘を連れて実家に帰っている。

妻の実家は車で1時間半くらい。

 

やはり、いくつになっても娘に会えると

父親は嬉しいものだろうと思う。

親孝行しやがるな。妻め。

 

なので、今日は私は家に一人だ♪

何を隠そう、一人だ。

ひ、と、り、ひ、と、り。斉藤一人♪

 

今、金魚鉢のエアーブクブクの音しかしない。

そういえばエサやってないね。やろ。

 

あとはなにしようか、ってんで、

珈琲でも飲もうかね。

 

お湯をわかして〜、

 

わっ、やばい。そう言えば、思い出したよ!

お湯を沸かす、で思い出したよ!

こないだ、弟の嫁さんから貰った黄色い茶があったな!

 

妻が、

この茶の黄色いパッケージ見た瞬間、 すごい形相で、

「これ高っいお茶だ!!これスッゴイおいしいって友達言ってたんだよね!!嬉しすぎる!!」

ってんで、

 

でも私は、

茶はあまり飲まないからどうでもいいので、

 

妻が「飲む?」と、聞いてきたが、

「いらないよ」と、私。

「えっ、ほんと?いいの」と、妻が嬉しそうに言うので、

「いいに決まってるよ」

「ほんと?全部わたしが飲める〜、嬉しい〜♪」

 

と言って、鼻歌交じりで湯を沸かし、

妻はいちいち、美味しいとか、香りがすごいとか、

唸りながら一人で飲んでいた。

 

その様子を、横でチラ見していた私は、

(ちょっと飲みたいな、飲んでみたいな)

なんて思っていたんだよね。へへ。

 

そりゃ、高っくて?、スッゴクおいしっくて、

と言われれば飲みたいよな。そりゃ飲みたいよ。

 

(今日、妻いないよ)

 

あ、今僕の中の悪魔の声が。

 

ハハハハハ、いいよいいよ。飲むよ。飲もうよ。

今日は無礼講だよ。

 

と、私は、妻がしまっていた引き出しから

その茶を取り出した。

 

 

 

tea

 

 

そして、封をあける。

なにこのティーパック。

ヒモの部分がクルクルンになってる。

 

そして伸びるなんて!

 

早速お湯を注いでみた。

 

茶をだしているときに

このヒモでティーパックをビヨヨンさせる楽しみ。

 

おっ、今度は香りがあがってきましたよ。

スゥー、ああ、なんていうのかなぁ

こう、よくわっかんないわ。

 

そろそろ、ティーパックを引き上げて、

飲んでみますか。

 

ああ、くる、香りがくるねえ。

よくわっかんない系がくるねえ。

 

で、飲ませてもらうよ。

ずずずっと。

 

ったらこれがビンゴだよ!

うまいよ!

味はさ、ライチっていうの?マンゴー?ラズベリー?

フルートな感じフルート?

ひとことで言うと、よくわっかんないわ。

 

 

全部飲み干したところで、静まり返った家。

茶をしても、一人。

 

娘の顔が無性に見たくなった。

 

 

 

(しかし、この茶うまかったな)by 悪魔の声