娘はたぶん、魔法をつかう

パパ育児日記。お父さん(パパ)の気持ちを大いに語るブログ

じっと天井を見つめて

妻の話によると、娘は

外ではおとなしいらしく

 

家では娘、

「アプゥ、アポう!」と言って

空中を足で激しく蹴って

その足を床に落とすという、

カカト落としをやっているのだが

 

妻と骨盤矯正や、市の施設、病院などでは

じっと天井を見つめて「プ」しか言わなくなるらしい。

 

それを聞いて僕は、似てる、と思った。

似てるのは僕にだが、

 

というのも、

妻は外でもどこでもうるさいのであって

以前初めて一緒に映画を見に行ったときには、

こんなうるさい人いるのかと思って驚いた。

ズートピアという映画だった。

 

妻は、そこ笑うとこか、というシーンでひとり大爆笑したり、どこにも息をのむシーンないのに「ハッ!」とか言うので僕のほうが驚かされるし、時折、豪快に鼻をすする音がして横を見やると号泣していて、でもまあこれ反応だからしょうがない、と思っていたら今度は、

「可愛い」「可哀想」「うける」「可愛い」「可哀想」「うける」を連発して、妻の前に座った人の方が可哀想であった。

 

僕は映画よりも妻が気になってしまい、

どっちがズートピアかわからなくなってしまったのである。

 

ひるがえって僕は、外ではとても静かな男である。

 

「外で静かなとこは俺に似たと思う」と妻に言うと、

 

「そうかもしれないけど」と妻

 

「けど?」

 

「まだわからないよ、ふふふ」

 

と妻は静かに笑った。